COLORFUL JUNK

    日々のあれこれのんびり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もったいないおばけがやってくる

年末のコンサート参戦のため今年は大掃除を早めに、ということで、12月になったばかりではありますが今からちょっとずつ部屋の片付けを始めています。引越しも控えているので極力ものを減らしておきたいという理由もあって。

とりあえず10月からやってなかった雑誌類の整理から始めたんですが、切り抜いて取っておくページなんてほんの少ししかなく、あっという間に資源ゴミの山山山!!
いやはや、一見収納場所に収まってるし片付いているように見えてても、実は日々たくさんの不要なものに囲まれて暮らしているもんなのだなと変に感心してしまったよ。
・・・単純に買いすぎって説もありますけどね(それ以外何でもない)。


片付けてて驚いたのは、読もうと思って買った本や雑誌・観ようと思って買ったDVD・やろうと思って買ったゲーム等々手付かずのまま時間がたってしまい不要なものへと化してしまったものがこんなにあったのかってことです。
私はどちらかというと捨て魔な性分なので、必要なくなったと判断したこれらのものは多分このまま捨てちゃいます(必ずしも捨てる=ゴミではないです。処分形態はいろいろ)。でも、もしかしたら捨てられないと思えるくらいの宝物になってたかもしれないんだよな。

こういった自分のもちものについて、結果的に不要なものになったとしても、何かしらを感じ自分の中に取り入れてから捨てるんだったらもっていた意味があったといえると思うのね。
意味のあった不要なもの、って表現で伝わるだろうか。
そう考えると、私は意味のない不要なものをもちすぎていたと思いました。勿体ない。
というか、意味のないものにしてしまったのが勿体ないよね。

ものを減らしていくにあたって、何が必要か何が不要かを判断していく過程で判断力が磨かれていくという話を耳にしてナルホドと思ったんだけど、私の場合は減らす段階での判断力を磨くことよりまず、意味のあるものにするか、意味のないものにするのかに関わる行動力(実行力)と時間の使い方を磨いていくほうが大事だと思いました・・・。反省。


ところで今そうじ力だか何だかって、掃除に関する本が多数出版されてるみたいで。
このエントリ書いてたら興味がわいてきました。
読んでみようかなー。
意味のないものにしないことを心がけつつ。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。