COLORFUL JUNK

    日々のあれこれのんびり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

想い出のサマー・デイズ

2006.7.23(SUN) 14:00~
【嵐 SUMMER TOUR 2006  ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul】


何でもありで盛りだくさんなお祭り騒ぎも大好きではありますが、きっちりコンセプトをもたせた上で時間をかけ纏め上げた感のある嵐のコンサートは単純に新鮮でした。

個人活動が多くなってきている中、一緒の時間を存分に楽しんでいたであろう5人は誰も彼もものすごくかわいかった!
メンバー内でひたすらキャイキャイ楽しんでるイメージが強いせいか、どことなくちっちゃくまとまりがちで大人しめな印象のグループでしたが、ファンの盛大な声援を受け止め観客を魅了するパフォーマンスを繰り広げる彼らの存在感はハンパじゃなかったよ。

そして嵐はものすごく正統派のアイドルだと思った。
あの爽やかなキラキラ感、何年たっても色褪せない清新さってば!

メンバーの仲が良い、という点では嵐とエイトは共通する部分も持っていますが、エイトはいい意味で後ろ暗いところがあるというのかなあ、一筋縄ではいかない雑草魂が魅力のひとつでもあると思っていまして、私は彼らのそんなところがすきなので、だからこそ、嵐の清清しいまっすぐさがとても鮮烈にうつったのでした。


どこまでもあたたかくて微笑ましい空間。
楽しかったよ、ありがとう。

ジャニのアイドルとはいえ"ジャニっぽくなさ"も大きな売りになる昨今ではありますが、「ジャニーズ」であること・「アイドル」であることに対する彼らのプライドが垣間見えるような、そんな時間でした。

これからさらに躍進しそうな嵐、この先も楽しみです。




どうでもいいけどタイトルは映画『グリース』の曲もじってみました
(ホントにどうでもいいわ!!)

PageTop

明日もかぜ気味

ああ、金八先生の再放送が終わってしまった。
堀り起こせば山ほど突っ込みどころが出てきそうな設定や演出だったりするのに、紡ぎだされる言葉のひとつひとつに何故か素直に感動して涙できる不思議なドラマ。
改めて観ていい人生勉強になりましたよ。

しかし、99年?の放映当時と比べて没頭できてない・泣けてないのは多分、ストーリーを知っているから云々ではなく、「風間さんかわいいい」というフィルターが前面に掛かってたせいだと思われる(同時に「亀梨さん別人」フィルターも存在)。

アキハバラ@DEEPにおけるAボーイルックのはまりっぷり(予想外にかわいかった。思い切った演技もツボ)及びウェブ連載に表れている素晴しすぎるセンスを知ってからというもの、すっかり風間さんにしてやられてます。
Y&Jが出来たから情報局の登録Jr.名(←むらかみしんご)を変更しろと言われてたのを思い出し、本気で風間さんの名前を書こうかと悩んだくらい。(・・・ちなみにまだ変更してません。)


ジャニウェブ連載も今日でひとまず終了ということで、毎日ウキウキウォッチングしてたので残念ですが、バックナンバー読んでもうしばらく楽しませていただきます。



蒲田行進曲のチケット申し込んどけばよかったと今更後悔してる。
エイトの全国公演につぎ込もうと思って諦めたんだけど、どうも思うようには取れなそうだしやっぱりこっちに行きたいなあ。

PageTop

Take it easy now 

『SIGNAL』買ってきました。
某狂言師の方が昔出したCDじゃないですよ(←マニアックなネタですが今でもア〇ゾンで購入できることが判明・・・!)、今をときめくアイドルグループの最新シングルです。
誰も間違えないですね、はい。

レジに持っていったら、おっちゃんの店員さんが「カツーン(滑舌よくハッキリと)のCDは通常版だけなんですけどいいですか?」って確認してきた。
誰も指摘してくれる人いないのかな、とそっちの方が気になったよ・・・。

余談はおいといて、私は好きです今回のシングル曲。
初めてCMで耳にした時はインパクト薄いなあ~とか思ってたんだけど、デビュー曲のテンコ盛りっぷりと比べりゃそう感じてしまうわな、と自分で納得。
アコースティックなギター音と水音みたいな電子音の混ざり具合がすごいツボだ~。

今回気づいたんですが、田口くんの歌声と松本さんの歌声ってちょっと系統似てません?何気なく聴いてると一瞬「潤くん?」と思ってしまうことが。(・・・耳が悪いのは重々承知)
ちなみに私は、ラップ以外の部分では割と正統派アイドルしてるやんちゃくんの歌声が結構好きだったりします。

PageTop

愛と挫折

ドリボズDVDが届いたのでエイトの出番のみちょこっと観ました。
ストーリーを追って全部観るのは、破綻してるストーリーもベタな台詞も稚拙な演技もその他諸々も全て笑って楽しめるくらい心に余裕がある時でないと無理と悟った・・・(苦笑)

PageTop

ブンブンブン

ダミ声の蜂野郎(※名前失念)に女が!!

トップページでラブラブな昆虫2匹見せつけられてもねえ。
J&Y(あえて逆)の象徴とでも言いたいのか?ジャニーズアンドユー!(多分違)

・・・まあ何でもいいんですけど、恒例の蜂祭りが開催決定だそうですね。
チケットとれるのかしらん。ウフフ!(泣笑)
とれたらもちろんウッキウキで行きたいと思いますが、何となく運はサマスペのためにとっておきたい気がするのよ。
11日以前にはサマスペ結果確認できるようになるかな~。
ジャニイベントはどうにも先の予定が立てにくくて困る。



ああ、フェスタビーだったっけ。蜂の名前。
メスもダミ声でしょうか?

PageTop

cool magic

普段は更新サボっても誕生日だけは絶対タイムリーな更新を!!
と意気込んでいたもので、その他の話題はすっかり後回しです。
話題が完全に前後しているのですが、
先日KAT-TUNのドームコンに参戦してきましたよ。13日!

急遽チケット譲っていただけて、今回が初のKAT-TUNコンサート。
見事な天井席でかなり見切れる部分があったのと、位相差で音響がいまいちだったので、誰が何やってるのかよく見えなかったり、何言ってるかよくわかんなかったりと残念な点も多かったんだけど、さすがは今をトキメくアイドルグループでした。
いやあ~オモシロかった!すごかった!あれもこれもいろいろとすごかった。
嵐ファンの友人と2人、「KAT-TUNいいなぁ~」連発(爆笑)
何もかもケタ違いで終始圧倒されっぱなしでした!!

でも一番圧倒されたのはファンの歓声でしたわ。
「ぎいぃやゃぁあああーーーー!!!!!」
と断末魔の如き悲鳴が飛び交っててびっくりしたよ(笑)
ああ、あと小さいお子さまがたくさんいたのにもびっくりした。年齢層広いんだねぇ。

濃すぎるくらいの個性のぶつかり合いが彼ら独自の魅力を生み出してるんだなあと改めて感じました。
これから、もっともっとデッカくなっていくんでしょうね。
歴史の1ページをちょっぴり覗き込めて嬉しかったです。
機会があれば、次はもう少し小さいハコでじっくり見てみたいな。



↓以下、各メンバーの印象&感想をほんのちょっとだけ残しておきます。

PageTop

滝沢演舞城千秋楽

2ヶ月にわたる長期公演、アクシデントを乗り越え無事千秋楽を迎えることが出来て本当に良かった。
観劇回数を重ねるごとに新たな魅力を感じ、大好きになっていった舞台でした。
作品そのものよりも、一座の団結力と温かい雰囲気が大好きでした。
出演者の皆様、スタッフの皆様、素敵な時間をありがとう。
本当に本当にお疲れさまでした!!

PageTop

あずみ

昨日は友人と妹と3人で明治座に参戦。

最近では、これぞジャニマジック!な舞台ばかり目にしてたので、
久しぶりに芝居を楽しむことができた。
確かな演技力の俳優さんたちが集まった芝居、安心して観ることができました。

初演の時よりさらに、斗真さんの殺陣や演技に目奪われっぱなし。
いやあ、貫禄あった。ものすごく役者してたよ。
斗真さんの舞台はこれからも機会があれば観ていきたいな。
というか、これからもぜひ色々な舞台に出演してもらいたい。
すっかり、役者・生田斗真のファンです。

あ、ついでに言うとメイサちゃんの太腿にも目を奪われっぱなしでした(おっさんかよ)。


それなりにクオリティの高いものを見せられると、どうしても比べたくなってしまうもので。
ついあれこれ思い起こしてはガッカリしてしまったりする。


わがままなファンだよなあ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。